現在当サイト「唐澤貴洋Wiki」へのアクセスの結果生じる経済的効果の規模について実証実験を行っております。閲覧者の方々にはご協力をお願い申し上げます。

krsw-wiki.orgドメインではログイン、編集ができません。編集内容を手元に控えてからsonshi.xyzドメインよりお試しください。

コラボキャス路線

提供: 唐澤貴洋Wiki
2015年11月25日 (水) 02:13時点における横山ノック (トーク)による版 (録画成功例)
Jump to navigation Jump to search

コラボキャス路線とは、ツイキャスのコラボ機能(いわゆる凸に近い)を利用して、一般人のキャスでパカソンを流すなどの行動をとる路線である。芸術路線の要素もあり、ニッセ路線の要素も持つ。

種類

Pioneerが最初に始めたコラボキャス路線の原型は、ただあちこちのキャスにいきなりコラボをかけ、パカソンを流すというもの。

そのキャスに大勢の恒心教徒が集まると、長谷川亮太についての情報を皆でコメントする・キャス主がオラついている場合、ちばけんまの住所を出しながら喧嘩を売るなど、自由度が高い。
また、チンフェらの名前のアカウントで爆音でパカソンを流すことでリスナーからは「長谷川亮太うざい」などの反応を得てヘイトを溜めることもできる。

特徴

人気キャス主の配信は常時数百人〜数千人が閲覧しており、それだけの人の前でチンフェを(それもかなりの悪い印象で)認知させることができる。

一方、コラボキャスを繋ぐかどうか、また落とすタイミングはキャス主次第なので、パカソンの途中に1分と経たず落とされることもある。

録画成功例