タレント化路線

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

タレント化路線(たれんとかろせん)とは、唐澤貴洋がタレントとして積極的にYouTubeTwitterテレビ番組ニュース記事へ露出している傾向を指す語である。一般的に「路線」と呼ばれるのは恒心教徒の活動を指すものであるが、ここでは便宜上路線に分類する。Youtubeにおける弁護士唐澤貴洋のCALL_IN_SHOWにおけるゲーム実況が著名である。

唐澤貴洋の活動[編集 | ソースを編集]

2017年後半頃から唐澤貴洋は、テレビ番組新聞記事への出演を次第に活発化[1]。これらテレビや新聞・雑誌などのいわゆる「オールドメディア」への出演に際して、唐澤貴洋被害者説と呼ばれる、自分に不都合な事実には触れず孤独なネット住民恒心教徒が承認欲求のために誹謗中傷や犯罪をしているのが炎上の原因だとする意見を頻繁に訴え始めた。

メディアへの露出は2020年となって、ニュースのような真面目なものにとどまらず、ゲーム実況やバラエティ番組のようなものにも及んでいる。このような傾向は恒心教徒にタレントとしての知名度を得て唐澤貴洋被害者説をより有効に広めるための戦略とみなされ、この頃にはタレント化路線という用語で呼ばれるようになった。

タレント化路線の代表的な活動として、弁護士唐澤貴洋のCALL_IN_SHOWにおける唐澤貴洋のゲーム実況が挙げられる。CALL IN SHOWは当初無料法律相談を実施するという目的で開設されたYouTubeチャンネルで、相談内容について「警察に相談してください」といったいい加減な解説しかできていないことが話題となっていた。そしてゲーム実況は2020年の元日から法律相談とほぼ入れ替わるような恰好で始まったシリーズで、ほぼ毎週の投稿があり法律相談と違って三日坊主に終わらず、チャンネル本来の主旨や本業をそっちのけでやっていることから、唐澤の活動としては力が入っているものだと思われる。しかし実況なのに喋らない、動画を盛り上げる編集や演出が皆無、ゲームが下手くそでよく死ぬ、など動画の質として問題点が非常に多く指摘され、改善はほとんどない。ゲーム実況は大小様々なYouTuberが参入している一大ジャンルであるが、客観的に見てもその中で比ぶべくもない不出来なものであった。それでも「唐澤貴洋がゲームの実況をしている」という事実だけで恒心教徒のみならず多数の視聴者がいると考えられる。

また「ネットにしか居場所がない人たち」と批判的態度を取ってきたはずの恒心教徒ら[2]との絡み、馴れ合いなども確認されている。ダクト飯のやる夫路線を恒認し、カリフの求めで2度握手している。これについてカラケーでは恒心教徒間の分断工作も狙っているのではないかとの推測がある。

恒心教徒の動向[編集 | ソースを編集]

事実追求路線の観点から、この傾向について非常に強い危惧の声が聞かれる。

唐澤貴洋が炎上し、今なお炎上が続いているのは無差別開示300万騒動など既存の弁護士のイメージを覆すような種々の問題行為が改められない、反省されないからであるという事実が、唐澤貴洋側に有利な情報の発信で氾濫することによって一般市民に伝わらなくなり、まったく無実の罪で誹謗中傷されたスマイリーキクチのような存在であると誤認されるのではないかとされている。

他に、顔さえも似顔絵しか無い状況であり肉声の開示などが貴重であった騒動初期の頃の神聖性が卑俗な営みに毀損され信仰を喪失しかねない、「100万回殺害予告された弁護士」とのアイデンティティを手にし、自分の炎上が世界有数の規模となっていることにかえって増長しているような姿が興ざめである、単純に唐澤貴洋が投稿する動画などがつまらないという意見もある。

尊師が本格的にタレント化路線を始める以前より、カラケー内では本路線が行われれば騒動が鎮火しかねないとする懸念があった。これについての答えは未だに出ていないものの、肯定派否定派ともに激論がかわされている。ただし単純な事実として、現在も騒動は鎮火する気配すら見られないのが現状である。

ただしこのタレント化路線は、一部の教徒に効果を上げており、特に2021年正月にサブチャンネルで自ら歌を投稿し(スタートライン)、この時に「鎮火が近い」と意気消沈してしまう教徒も確認され、強引な鎮火を図るという点では一定の効果を上げているとのかもしれない。

また、この路線に利用されることとなった芸術路線は教徒から「タレント化路線を助長する悪」とされてしまい、大きな打撃を受け、ゆゆうた関東サウンドプロジェクト炎上の勢いを強める一因ともなった。

対策[編集 | ソースを編集]

この路線を危険視する教徒から対抗策が打ち出されている。

事実追求路線で判明した事実を常に意識し、唐澤貴洋は無能悪徳弁護士であることを前提に思考することが最大の対抗策であり、また事実を陳列することによって、唐澤貴洋被害者説に騙されている非ワへの啓蒙することが奨励されている。

また、YouTubeの動画には迷わず低評価ボタンを押す[3]。懐柔策を逆手に取り、無能ぶりを見せたらすかさず本Wikiで共有する。また唐澤貴洋の動画のコメント欄などにもさり気なく事実追求路線で判明した事実を遠回しに表現する、「『唐澤貴洋の悪行一覧』で検索」とコメントするといった手段で対抗していくのも重要とされる。

異説[編集 | ソースを編集]

一方で、唐澤貴洋は概要に書かれているような事は特に考えておらず、ただ単に動画の再生数稼ぎ、あるいは純粋に趣味でゲーム実況を行っているだけであり、芸術路線等に対するスタンスも計算ではなく本心であるという言説もある。

根拠として、恒心綜合法律事務所のアカウントやFaithbookの書き込みに見られる思いつき、あるいは酔った勢いだけで行動する癖、Faithbookでの坂根輝美奥村徹との会話やAbemaPrimeでのひろゆきとの対談に見られる対人スキルの低さ、小西のリーク、場の読めなさなどが挙げられる。

また、こうしたネタキャラ路線は冷静なネット住民には完全に逆効果であり、むしろゲーム実況にうつつを抜かしている無能弁護士であることをさらけ出していることには気付いていない[4]だけとしてタレント化路線の有効性を否定する意見も存在している。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. マスメディアがハセカラ騒動に注目し始め唐澤への取材依頼が舞い込むようになったのか、以前から依頼はあったが顔出しへの恐怖心などからなるべく断ってきたのを方針転換して出演するようになったのかは不明
  2. 芸術教徒やTwitter教徒
  3. この際、動画の再生回数を増やさない工夫を取るとなお良い。
  4. 一般的に優秀な弁護士は多忙であり、ゲーム実況動画などを頻繁に投稿する暇はない。ただし仕事の合間などにもできるであろう動画の再生時間が比較的短く編集も少なめの真面目な法律系動画などは除く(特にそれなりの規模の事務所の弁護士の場合、宣伝を兼ねて行うケースもある)

関連項目[編集 | ソースを編集]


唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー - 発言 - メディア - 新聞記事
法律事務所関連 坂本総合法律事務所(小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所(阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス(山岡裕明 - 山本祥平) - 法律事務所Steadiness(原田學植)
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - WILLER - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之 - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - ステロイド患者 - サイモントン療法協会 - 伝創社 - フジテックス - ロイヤルネットワーク - Amazon規約違反者 - 20代女性 - 米川伸生 - 川上量生 - 立花孝志 - 籠池泰典
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川﨑美奈 - 宇都宮健児 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 壇俊光 - 樋口收 - 九州の同期
その他関連人物 JEX - 嵯峨山茂樹 - 矢尾渉 - 殺害予告民(dion君 - 群馬君 - 大分君 - 福嶋誠也) - 西村博之 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美 - 三宅令 - スマイリーキクチ - 4Kガイジ - 菅野完 - 岡口基一 - 白水力
発言 弁護士ドットコム(40298 - インタビュー) - Twitter(@KoushinLawfirm - 宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 炎上弁護士(本文) - そのツイート炎上します! - テラスハウス問題
玉音放送 1:グッドモーニング - 2:スーパーニュース - 3:TBSニュースバード・NEWS ZERO - 4:お気持ち表明 - 5:所さん!大変ですよ - 6:news every. - 7:クローズアップ現代+ - 8:深夜のツイキャス - 9:news every.2回目 - 10:AbemaPrime - 11:バラいろダンディ - 12:新・情報7DAYS ニュースキャスター - 13:逆転人生 - 14:大竹まこと ゴールデンラジオ! - 15:世界一受けたい授業 - 17:サタデーステーション - 18:Abema的ニュースショー - 19:N高オリエンテーション - 20:グッドモーニング2回目 - 21:早稲田祭2020 - 弁護士唐澤貴洋のCALL IN SHOW - おっさんずラボ。
関連する場所 五反田(アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門(ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 六本木(高會堂ビル - 麻布警察署 - Singles Bar GREEN) - 三田(三田綱町デュープレックスR's - 三田警察署) - 恒居(田園調布サティアン) - 東光院 - トーキョースイーツマフィア - ウインズ錦糸町
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師(ご尊容開示 - 眼鏡尊師)
行動 騒動前 - 八神太一騒動・尊師降臨 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 7年前開示 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - 空は何色か - Jpnumber - 第一次・第二次法廷オフ - 山梨学院大講義 - カラケー攻撃 - 小林麻央親戚成りすまし事件 - 第三次法廷オフ - 私の週間食卓日記 - (ワ)第1285号法廷オフ - スタートライン
用語 当職(マシンガン当職) - 弊職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス - 腐ったピラフ - コーヒー - 全身唐澤貴洋 - 唐澤貴洋殺す(神聖六文字) - 誹謗中傷 - 誹謗中傷対策マーク - 唐澤貴洋被害者説 - タレント化路線
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教(尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞(絶叫脱糞 - 高速バス脱糞) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD - 炎上弁護人
路線
布教路線 niconico路線 - 統一画像路線 - Wikipedia路線 - Twitter路線プロモツイート路線) - Googleマップ路線 - コラボキャス路線 - ポケモンゴ路線 - pixiv路線 - 海外布教路線 - フリー素材路線 - 協賛レース路線
ニッセ路線 投書路線 - フェイクニュース路線 - Kindle路線 - 求人路線
事実追求路線 けんま路線配信 - ドローン) - ライブラ路線 - 法廷オフ路線
芸術路線 遊戯王ジェネレーター路線 - パカソン路線Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - A・NA・TA for DREAM - 替え歌路線) - 文芸路線 - 愛され路線 - シール路線 - カラコイン路線 - Tシャツ路線 - MMD路線 - コミケ路線 - ガイドライン路線 - ゲーム路線
贈り物路線 年賀状路線
悪芋路線 サジェスト汚染路線 - 犯行予告路線殺害予告 - 爆破予告 - お問い合わせ路線) - 緑化路線 - カラッキング路線カランサムウェア) - DDoS路線(飴戦争 - ココかわ) - ラジコン路線 - 甘芋路線
玩具路線 遊戯王ジェネレーター - もんじろう - Orpheus - ボカロデューサー - ラッパのエール - 日本共産党 カクサン部!3 - 妖怪惑星クラリス - 惑星メッツ最強決戦武道会路線 - A・NA・TA for DREAM - シャチったー
その他 新路線開拓省 - 愛鳥家路線 - 仮想通貨路線 - タレント化路線