ターン制

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

ターン制(たーんせい)とは、長谷川亮太唐澤貴洋の炎上激化が交互に起こっている様子を表現した用語である。

概要[編集 | ソースを編集]

ハセカラ騒動が他の炎上騒動に比べて長続きしている原因のひとつに挙げられているのがこのターン制で、長谷川亮太唐澤貴洋がターンを交代しつつ炎上を繰り返すことにより、参加者を飽きさせず、鎮火を防いでいるというものである。それぞれチンフェのターン、尊師のターンなどと呼ばれる。どちらのターンでもない停滞期も存在するという見方もある。

いつまでがチンフェのターンでいつまでが尊師のターンかはかなり曖昧であり、3代目唐澤貴洋掲示板の時代はチンフェのターン、千日祭以降は尊師のターン…などと大雑把にしか定義されていない。2015年8月など両方に大きな恒心が起こる場合もあり、万人が納得する厳密な区分は難しいと思われる。

2016年以降はチンフェサイドの恒心が途絶えており、チンフェのターンはほとんど無くなってしまい、外伝主人公で代用する状態となっている。

【アンケート】チンフェのターンと尊師のターンどちらがすき(魚拓)
27 名前:ムジャーヒド聖戦士[]:2016/02/01(月) 05:29:45 ID:9RSUrLRI
個人的な印象

チンフェ
・良くも悪くもネットによくいるアホ
・だからこそ隅々まで研究されることでネット炎上する人間の心理が分かって興味深い
・身辺情報を集める楽しさ
・等身大の人間なので自分と重ね合わせてしまうことも多い(荒れる原因?)

尊師
・下級上級抜きにしても同じ人間と思えない
・やることなす事全部面白いので飽きが来ない
・職業、家柄上完全な逃亡は不可能なので安心して動きを追える
・同じ生物と思えない分あまり痛々しさを感じない(擁護もしづらいので荒れない)

参考:チンフェのターンとされる時期[編集 | ソースを編集]

一般的にチンフェのターンは尊師と比較して大事件で始まり短期間で終わることが多く、比較的区分がはっきりしている。以下に一例を示す。

ターン開始 ターン終了
ほしかネキよる住所確定(13/4/7) ピュア虎ノ門へのヒジュラ(13/7/1)
or 300万騒動(13/8/1)
M4事件(14/8/13)
or ウンフェ画像投下(14/8/31)
千日祭(14/12/1)
けんまの日(15/8/3)
or 安藤良太によるどろけんま(15/8/20)
1、2ヶ月間(10月の安藤良太限定コミュ騒動まで?)

コンテンツの一生コピペ[編集 | ソースを編集]

西村博之(ひろゆき)が提唱し、ネット上においてよく用いられることの多い「コミュニティの一生」にも当てはめが行われた。

コミュニティの一生のコピペあるやん(魚拓)
1 :風吹けば名無し:2015/12/02(水) 23:18:53.82 ID:oUjzZTF80
唐澤貴洋が面白いことをする
↓
面白い人と凡人が集まってくる
↓
面白い人が見切りをつけて居なくなる
↓
残った凡人が面白くないことをする
↓
唐澤貴洋が面白いことをする

これをさらに端的に表したものが以下のコピペである。

唐澤貴洋が面白いことをする
↓
唐澤貴洋が面白いことをする
↓
唐澤貴洋が面白いことをする
↓
唐澤貴洋が面白いことをする
↓
唐澤貴洋が面白いことをする

外部リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]