現在当サイト「唐澤貴洋Wiki」へのアクセスの結果生じる経済的効果の規模について実証実験を行っております。閲覧者の方々にはご協力をお願い申し上げます。

sonshi.xyzドメインからアクセスするとエラーが出る場合があります。対処法としてkrsw-wiki.orgからアクセスをお願いします。

ハセ学

提供: 唐澤貴洋Wiki
Jump to navigation Jump to search

ハセ学(はせがく)とは、以下の二つを意味する用語である。

  1. 長谷川亮太に関する研究
  2. ネットリテラシーのあり方についての研究

当項目ではどちらも解説する。

概要[編集]

ハセ学には二つの意味があり、人によって捉え方が異なっている。

1の解説[編集]

騒動初期は主に「長谷川亮太そのものに関する学問」という意味で、長谷川の当時の書き込み内容から彼の生活スタイルを研究したり、彼の書き込みの癖を分析し3月7日以降の長谷川の書き込みを探すことを指していた。

この用法はかなり廃れてきているが、オメガの生態を解明するオメ学へきへきに関する事実追求のへき学など人物名と合わせた「〜学」という言い回しが生まれるなど意味は受け継がれている。

2の解説[編集]

長谷川亮太と同じ轍を踏んで炎上するもの達(外伝主人公の面々など)が相次いで現れたのを受けてか、「長谷川亮太の二の舞いにならない為のネットリテラシー必修科目」「長谷川亮太を反面教師として、炎上した人間全般の行動やその原因を分析する学問」といった意味が生まれ普及した。

ただし元々の意味から変化した言葉(例としては壁ドンが挙げられる)を用いることが嫌われることがあるように、後者の意味で用いられることに遺憾に思う者も存在する。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]

1の意味で使われているもの[編集]

2の意味で使われているもの[編集]

英訳路線
Translation Line
English Version