唐澤貴洋の親類縁者一覧

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハセカラファミリー一覧 > 唐澤貴洋の親類縁者一覧

唐澤貴洋の親類縁者一覧。

家系図[編集 | ソースを編集]

唐澤貴洋の母方祖父である河野一英の紳士録などを元にして作られた。

本人は弁護士の座談会において一族関係図(家系図)が出回っていることについて触れ、「誤った情報も多く含まれている」と発言している[1]

  (越智家)
  越智益躬
     │										
     │	 	 
    (略)
     │	
    守興   							
     │
  河野玉澄 (河野家)		
     │
  (略)
     │
    通直(伊予守)
     │
  (略)
     │
  唯助         (村井家) 
   │            林七 
     │                     │
 ┌─┴─┬──┐      │ 
唯一   光次  一三━┯━房─┴─┐ 
           │     啓助 
      ┌───┴────┬──┬──┬──┬──┬──┐
(菅谷家)  │        │  │  │  │  │  │     (唐澤家)
 隆介   一英━┯┳喜代   英二 三郎 喜久 典男 櫻樹 六郎   葉子━┯━吉信
 │       │┗波子                          │
 │       │                             │
 │       └┬────┬─────────┐    ┌──────┬─┘
真理雄━━━━━英代    一郎━┯━直子   厚子━┯━洋     ????━┯━田中さん
                 │       ┌─┴─┐      ┌─┴─┐
                沙季      貴洋  厚史    カズコ   妹
尊師の家系図.png

唐澤家[編集 | ソースを編集]

唐澤家は安政3年に創業した築地南小田原町の搗米屋「松島屋本店」の経営者一族である。その後「築地食糧販売株式会社」に改称[2][3]東京都中央区築地6-6-5に現存していることがグーグルマップより確認できる[4][5]尊師から見ると、米穀商を営む唐澤家の本家筋が大叔父にあたる弥太郎(三男であった祖父唐澤吉信の長兄)の子孫に残っているとも取れ、弥太郎の孫で一弥の子の太郎、むつみ[6]など同世代の親戚とは現在も交流のある可能性があり、尊師の親戚語りに登場していることも考えられる。

名字由来netによると唐澤姓は「現栃木県である下野国[註釈 1]安蘇郡唐沢[註釈 2]が起源(ルーツ)である、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)。藤原秀郷流がある。ほか現長野県である信濃(清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏))、現千葉県南部である安房(神餘氏)などにもみられる。語源は、水のない涸れた所から来ている。地名としても全国に多く存在する。」[7]とされている。 長野県伊那市箕輪町で唐澤性は小笠原氏の後裔と伝えられている。また同地では千葉県館山市の金余氏が京都府京都市を経て来住したとの伝もある。群馬県では富沢氏の分流が創姓したと伝えられている[8]。 唐澤家は長野県、伊那の発祥だと推測されているものの、現在のところ確たる証拠は存在しない。

教徒の間の唐澤家は、母方河野家の「華麗なる一族」イメージに比べて影が薄く、ともすると「どこぞの馬の骨とも分からん出龍が、名家・河野一族の家名と家督を簒奪した」かのように語られることもあった。しかしエビケー以降の懸命な調査によって唐澤家も伝統ある一族であることが判明、そういった「馬の骨」のイメージも覆りつつある。以下は教徒による推測だが、長野の武家に関わりのあった唐澤久彌が江戸末期に上京、築地に当時立ち並んでいた武家屋敷の一つを借りて[註釈 3]、搗米屋「松島屋本店」を創業し、現在にまで至る築地市場形成の先鞭ともなったかと想像される。ただし本格的な築地魚市場の開設は関東大震災以降であり、同地で米穀商を営んでいた松島屋本店や築地食糧販売(株)、京糧保全(株)がどれほどの役割を果たしたのかは不明。ただし創業者久彌の孫にあたる弥太郎が同地卸売業の組合理事を歴任していることから[3]、築地ではそれなりの存在であることが推測できる。

また、先代・唐澤一弥社長時の築地食糧販売は、2003年にコメ偽装問題を起こして東京都より改善指示を受けている[9][10]無能

  • 唐澤久弥(唐澤久彌):尊師の高祖父か。唐澤信一の前代の松島屋店主[11]
    • 唐澤信一:尊師の父方の曾祖父。弥太郎・典雄・吉信・信五の父。米商松島屋本店店主[12][13][6][14]
    • 唐澤つるよ:尊師の父方の曾祖母。信一の妻[6]
      • 唐澤弥太郎:信一の長男。明治45年2月9日生。築地食糧販売、京糧保全(株)社長、東京都中央食糧協同組合理事、東京都米穀小売商組合常務理事、東京都出身中央区在籍[6]
      • 唐澤久子:弥太郎の妻。大正8年9月7日生。江口七郎の二女。市立一女卒[6]
        • 唐澤一弥:弥太郎の長男。昭和14年10月11日生。慶大商学部卒[6][15]。築地食糧販売株式会社・元社長。
        • 唐澤登美子:一弥の妻。昭和14年10月11日生。中田重太郎の長女。淀川高女卒[6]
          • 唐澤むつみ:一弥の長女。昭和41年12月18日生[6]
          • 唐澤成太郎:一弥の長男。昭和44年生。築地食糧販売株式会社・現社長[3]
        • 唐澤百合江:弥太郎の長女。昭和16年10月10日生。女子美術短大服飾学科卒。神原蔵次郎の長男・弘吉に嫁ぐ[6]
        • 唐澤俊一:弥太郎の二男。昭和19年8月28日生。明大文学部卒。鹿野権吉の養子となりその長女・美代子と結婚[6]
        • 唐澤馨:弥太郎の三男。昭和22年12月8日生[6]
      • 唐澤典雄:弥太郎の弟。信一の二男。早大理工科卒[6]
      • 唐澤吉信:尊師の父方の祖父。信一の三男。明治大学商学部卒業。1941年に東京自動車工業株式会社(ヂーゼル自動車工業株式会社を経て、現いすゞ自動車)の子会社である自動車鋳物株式会社(現・アイメタルテクノロジーに入社し、総務部次長・監査役となる。当時の人事録による住所は横浜市港北下田町465。1989年には没していたものと考えられる。
      • 唐澤葉子:尊師の父方の祖母。吉信の妻。
        • 唐澤洋出龍。尊師の父、吉信の長男。公認会計士。住所でポンにより発覚。
        • 唐澤厚子:尊師の母、洋の妻。河野一英の二女。顔らしきものが海原会HPで開示されている。
          • 唐澤貴洋尊師。洋と厚子の長男。弁護士でハセカラ騒動の中心人物。
          • 唐澤厚史:尊師の弟で洋・厚子の二男。悪いものたちに暴行を受け1995年8月25日自殺(享年16)、尊師が法律家を目指す切っ掛けとなる。
      • 唐澤信五:弥太郎の弟。信一の四男。明大商科卒[6]

河野家[編集 | ソースを編集]

尊師の母、厚子の実家。出自は広島県沼田郡緑井村(現・広島市安佐南区緑井)。伊予国(現在の愛媛県)の戦国大名・河野氏の末裔と言われる[16][17]河野一英はじめ有力者が多く、一英の紳士録開示により「華麗なる一族」のイメージが作られた。明治時代の政治家・河野敏鎌との関係を主張するコピペもあるが創作と思われる。姻戚関係も含んで一族全体が東急グループや明治大学との関わりが深く、中でも一英と典男は明治大学OB会の会長にもなった[註釈 4]。本家の墓所は専蔵坊、河野一三の系統は「河野一三家」として墓所は田園調布東光院にある。

  • 河野唯助:尊師の高祖父。緑井村農民。詳細は不明。
    • 河野唯一:尊師の曾祖伯父。河野一三の長兄[18]。緑井村青年会長[19]。株式会社報徳銀行取締役[20]、監査役[21]
      • 河野晃:唯一の息子。
    • 河野光次:尊師の曾祖伯父。河野一三の次兄。1882年生。尾崎行雄の秘書であり、義理の娘婿。河野三郎が『週刊新潮』に寄せていた文章から発覚。
    • 河野多滿:尊師の曾祖伯母。浅見萬吉の三女。尾崎行雄の養子となり、河野光次に嫁ぐ。1935年11月6日死去。
      • 河野光彌:光次の長男。
      • 河野芳郎:光次の次男。
      • 河野龍男:光次の三男。
      • 河野雪子:光次の長女。
      • 光次の次女(名前不詳)。
      • 河野多恵子:光次の三女。
    • 河野一三:尊師の曾祖父。一英の父。広島県出身。朝鮮京城(ソウル)五大百貨店のひとつであった平田百貨店(現・大然閣センター)の前身である平田屋の関係者だと言われる。田園調布の有力者で多摩川への桜植樹運動に名を残している。1968年11月23日没、享年82。
    • 河野房:尊師の曾祖母。一三の妻で一英の母。村井林七の長女で村井証券(現・ライブスター証券)の創業者・村井啓助の妹。1895年生、1971年6月14日死去。
      • 河野一英1A。尊師の祖父。厚子の父、一三・房の長男。明治大学商学部、館山海軍砲術学校卒業。元呉鎮守府第101特別陸戦隊所属海軍大尉。元センチュリー監査法人会長。大東文化大学名誉教授、明友クラブ初代会長[22]。高齢になってから藤田波子(1924年8月2日生、明治大学法学部卒、2011年1月27日没)と再婚。従七位勲四等。2015年7月24日死去。
      • 河野喜代:尊師の祖母、厚子の母、一英の妻。旧姓柳下。1920年10月22日生、明治大学商学部卒業。田園調布本町河野邸の土地を相続した。2003年10月14日死去[23]。彼女の遺産は一英が1/3、一郎英代厚子が1/6ずつ相続した。
        • 河野一郎:尊師の伯父、厚子の兄、一英の長男。1947年2月15日生。早稲田大学大学院博士課程卒業。中央学院大学商学部教授、工学院大講師。2008年10月5日死去。
          • 河野沙季:一郎の娘。一英の孫娘。田園調布サティアンに彼女の名前が記載された表札があったことから、尊師の母の実家である河野家の存在が発覚した。
        • 菅谷英代:尊師の伯母、尊師の母・厚子の姉、一英の長女。1948年3月17日生、慶応大学法学部卒、同文学部卒業。菅谷真理雄(菅谷隆介長男、住友電気工業元ロンドン支社長、元取締役副社長)と結婚。
        • 河野厚子:尊師の母、唐澤洋に嫁ぐ。
        • 河野直子:尊師の叔母、「一郎(河野一三の長男)の妻、一英の義娘」あるいは「一英の娘で厚子、英代の姉妹」と思われる人物[24]
      • 横山英二:尊師の大叔父、一英の弟。一三の二男。1922年生、2015年7月4日死去。山形日本電気(現ソニーセミコンダクタマニュファクチャリング山形テクノロジーセンター)取締役・顧問。
      • 河野三郎:同上。一三の三男。病院技師。1924年生、2002年9月9日死去。
      • 河野喜久:尊師の大叔母、一英の妹。一三の長女。1926年生。1996年死去。創価学会文芸部員で父・一三に学会への入信を勧めた。
      • 河野典男:尊師の大叔父、一英の弟。一三の四男。1928年生。2020年1月23日死去。明治大学商学部卒業。世紀東急工業(東急建設の道路部門を分社して設立)社長・取締役社長・会長・顧問、東急建設取締役社長、連合駿台会(明治大学OB会)一・三代会長[22]、明治大学顧問を歴任。妻は芹澤二郎長女の洋子[25]河野茂典がその経歴から息子と疑われていたこともあるが、人事興信録に名前がなくわざわざ孫を養子にしていることから可能性は低いと見られる。
        • 河野典子:尊師の従叔母。典男の長女。1959年生まれ。東京芸大卒。河野勝美と結婚[25]
        • 河野優子:尊師の従叔母。典男の二女。1969年生まれ。玉川大卒[25]。父・典男の世紀東急工業・建築事業部社員。2ch過去ログにて「縁故入社」「アバズレ無素(ブス)女」と評されている[26]
          • 河野佑典:尊師の従叔父または再従弟。1989年生まれの典男の孫だが、典男と養子縁組した[27]
      • 河野櫻樹:尊師の大叔父、一英の弟。一三の五男。1930年生。モトキ商事社長。父・一三が桜好きであったことから名付けられた名前であると思われる。
      • 河野六朗:同上。一三の六男。1932年生。モトキ商事社員。
  • 河野はるぢ:東光院の墓誌に名前が確認されているが詳細不明。2009年2月12日没(91才)。
  • 河野行敏:同上。1961年もしくは1981年8月10日没(55才)。

菅谷家[編集 | ソースを編集]

  • 菅谷太郎:尊師の伯父の曾祖父。京都龍池尋常小学校(京都市立龍池小学校・現京都国際マンガミュージアム)初代校長(1883年~1910年)[28][29]。京都市上京區烏丸通二條下ル廿四番戸[30]
    • 菅谷益之助:尊師の伯父の祖父。株式会社扶桑海上火災保険支配人兼大阪支店長。後に住友海上火災保険取締。
      • 菅谷隆介:尊師の伯父の父。東京大学経済学部卒業。元日本興業銀行頭取、元新日本証券会長・相談役、元早期胃癌検診協会会長を歴任。
        • 菅谷真理雄:尊師の伯父、尊師の母・厚子の姉・英代の夫。慶應大学経済学部卒業。住友電気工業株式会社に入社しロンドン支社長、子会社の東洋物産(現・テクノアソシエ)常務取締役を経て住友電気工業取締役副社長となるが、「平成最大の公共事業」と呼ばれていたNTTグループによる光ファイバーケーブル網整備事業をめぐる住友電工・古河電工・フジクラ国内大手三社による巨大カルテル事件である光ファイバーケーブルカルテル事件[31][32]の発覚で失脚し、同社子会社の住友電工デバイス・イノベーション株式会社監査役に左遷された[33]
          恒心教内での渾名はルイージ。由来は勿論某ゲームである。
        • 菅谷英代:真理雄の妻。尊師の伯母、尊師の母・厚子の姉。一英の長女。

村井家[編集 | ソースを編集]

尊師の曾祖母・河野房の実家。三重県鈴鹿郡亀山町の旧家で、村井証券(更栄証券を経て、現・ライブスター証券)の創業者一族である。[34]紳士録情報をまとめたブログ[35]によって開示された。

  • 村井林七:尊師の高祖父。河野房の父。三重県鈴鹿郡亀山町(現亀山市)の旧家の人物。1915年没。
    • 村井啓助:尊師の曾祖伯父。一英の母・房の兄。大正十年に甚七から啓助に改名村井証券(更栄証券、現・ライブスター証券)の創業者で同社社長、取締役社長、会長。朝鮮京城府民団議員、朝鮮龍山水産取締役、啓和製作所社長を歴任。福岡県の高木益弥の姉サヨ(1881年生)、次いで民枝(実家等不明)と結婚[35]
      • 村井進:啓助の長男。1909年生。神奈川県庁、日本建築センター常務[35]。建築基準法(1950年制定)の策定に参画[36]。東京士族の石光真俊(諜報活動家石光真清・陸軍中将石光真臣の甥)長女慶子と結婚する[35]
        • 村井昭夫:進の長男。1939年1月2日生[35]。三井物産社員を経て、インヴィジョンジャパン非常勤副社長、ケーデック取締役、レイテックス監査役、インヴィジョンジャパン取締役副社長を歴任[37]。2010年12月2日死去[38]
          • 村井邦子:進の長女。日本金属工業の石井寅三郎と結婚[35]
      • 村井春子:啓助の長女。1910年生。兵庫県の中治謙(中治武二弟)と結婚[35][18]
      • 村井満子:啓助の二女。1912年生。京都府の中野儀三郎(中野初次郎三男[18])と結婚[35]
      • 村井啓三郎:啓助の二男。1914年生。慶大法科卒、法学博士、三恵証券会長。銚子醤油会長・第一生命社長浜口吉兵衛(ヒゲタ醤油創業者一族)[39]の娘・章子と結婚[35]
        • 村井恒雄:啓三郎の長男。日東証券勤務。第一生命保険社長塚本亮一の二女京子と結婚[35]
      • 村井泰子:啓助の三女。1917年生。東京都の小幡秀哉(内務官僚小幡豊治三男で小幡治和元福井県知事弟)と結婚[35]
      • 村井潤三:啓助の三男。1918年生。立教大卒、更栄証券会長。加藤弥七の娘・俊子と結婚[35]。1985年5月22日死去[40]
        • 村井護:潤三の長男[40]
      • 村井達子 :啓助の四女。1921年生。東京家政専門卒[35]。興国ゴム工場の市原譲と結婚[41]
      • 村井千恵子:啓助の五女。1923年生。東京家政専門卒[35]。第一信託の船津一男と結婚[41]
      • 村井豊(山崎豊):啓助の四男。1924年生[35]。慶応大学経済学部卒。山崎金属産業社長山崎惣吉の娘婿になり、その後を引き継いだ[42]
    • 村井房(河野房):尊師の高祖母で、河野一英の母親。林七の長女。河野一三に嫁ぐ[35]
    • 村井雄次郎:尊師の曾祖伯父。林七の二男。三重県の中川恭治の養子となる[35]
    • 村井修:尊師の曾祖叔母。林七の二女。1900年生[35]

その他・架空の人物[編集 | ソースを編集]

  • 山田カズコ:尊師の従姉妹(洋の姉か妹の娘?)と考えられている。旧姓田中。
  • 河野茂典:典男の息子、尊師の従叔父と思われていた人物。
  • 唐澤洋一:尊師の弟の名前が判明するまで呼ばれていた仮称
  • 唐澤千紘:尊師の娘と言われていた人物。後に架空の人物であることが判明した。
  • 唐澤智子:尊師の妻と言われている人物。エクシード大泉の登記簿により疑惑が上がった。
  • 親戚の書家:尊師に恒心綜合法律事務所のモットーとして「素心若雪」を与える。未だ特定に至らず。
  • 嵯峨公勝:尊師の縁戚(下記「家系図3」参照)。そのどこぞの無能に酷似した容貌とWikipediaに記載された経歴の無能ぶりが話題になる。
  • 井本臺吉:尊師の曾祖母(河野房)の甥の妻の曾祖父の弟の孫の夫。元検事総長。人民戦線事件における美濃部亮吉への取り調べ、ゾルゲ事件担当主任、花岡事件の捜査で知られている[43]
  • 柳下家:横浜で銅鉄引取商「鴨居屋」を営んでいた豪商一族。当時の邸宅が横浜市指定有形文化財「旧柳下邸」として現存している。河野一英の妻(唐澤貴洋の母系祖母)にあたる河野喜代(旧姓柳下)は当時の女子としては非常に珍しく大学に進学しており極めて裕福な上流階級家庭の生まれと推測されることから彼女の実家である可能性がある。
  • 太田精治:唐澤弥太郎の叔父[6]
  • 丹羽鉱之助:唐澤弥太郎の叔父[6]

墓所[編集 | ソースを編集]

遠い親戚[編集 | ソースを編集]

様々な家系との婚姻関係が明らかになっている村井家の開示により、皇室をはじめ多くの有力家系と唐澤貴洋との家族関係を把握することが可能になっている(ただし、尊師と直接の血縁関係はほとんど明らかになっていない)。例えば、上皇は唐澤貴洋の祖父(河野一英)の従兄弟(村井進)の妻(村井慶子)の又従兄弟(橋本龍太郎元首相)の妻(橋本久美子)の又従兄弟(麻生太郎元首相)の義兄(寛仁親王)の従兄弟である。

皇室[編集 | ソースを編集]

家系図1

L7vtvIB.png

家系図2

7xIVcEN.png

家系図3

G7X6xZT.png

愛新覚羅家[編集 | ソースを編集]

家系図4

7iVxtwq.png

その他[編集 | ソースを編集]

余りにも膨大になるため家系図は作成されていないが、以下の人物も唐澤貴洋の親戚である。

  • 長谷川町子(14親等、「サザエさん」作者)
    • 村井啓三郎の長男が村井恒雄、村井恒雄の妻が村井京子、村井京子の妹が武藤新子、武藤新子の夫が武藤弘道、武藤弘道[註釈 5]の母が武藤朋子、武藤朋子の父が岩切重雄、その姪が長谷川町子という関係。
  • 安倍晋三(26親等、第90・96・97・98代内閣総理大臣)
    • 麻生和子の姉が吉田桜子、吉田桜子の夫が吉田寛、吉田寛の母が吉田さわ、吉田さわの父が佐藤信彦、佐藤信彦の長女が佐藤茂代、佐藤茂代の次男が岸信介、岸信介の長女が安倍洋子、安倍洋子の次男が安倍晋三という関係。
  • 佐藤栄作
    • 元総理大臣で同じく元総理大臣の岸信介の弟。
  • 李王家
    • 唐澤の親戚でもある皇族の梨本宮方子女王が李王家に嫁いでいる。
  • チンギス・ハーン
    • 愛新覚羅家はチンギス・ハーンの子孫の女子を多く娶った。
  • ニコライ2世(ロシア皇帝)
    • チンギス・ハーンの子孫ウズベク・ハンの妹がモスクワ大公ユーリー3世に嫁いだ。その家系図を辿ると登場する。
  • イギリス王室(ニコライ2世の従兄がジョージ5世)
  • ムハンマド(イスラーム教開祖)
    • チンギス・ハーンの子チャガタイ・ハンにホラズム・シャー朝のスルターンであるジャラールッディーンの姉妹が嫁いだ。ジャラールッディーンの配偶者にセルジューク朝のスルターンであるマリク・シャーの子孫がいて、マリク・シャーの娘はアッバース朝カリフのムクダディーに嫁いだ。ムクダディーの祖先アッバースの甥が預言者ムハンマドである。
    • 尊師がイスラームの指導者になる可能性が微レ存・・・?
  • イエス・キリスト
    • アブラハムの長男イシュマエルの子孫がムハンマド、次男イサクの子孫がイエスである。

トリビア[編集 | ソースを編集]

  • 本人の個人情報を巡って尊師と裁判沙汰になった安藤良太は、投資活動において村井啓助の創業した「ライブスター証券」を利用していたとされている。
  • 村井啓助の三男「村井潤三」は、1942年から1951年まで小関直哉官能小説の題材にした駆逐艦「初霜」の製造元である浦賀船渠株式会社で庶務課長を勤めていた[44]
  • 長谷川亮太の実家である長谷川家の出自にして故郷(旧黒磯・現那須塩原市)のある栃木県の佐野市には、佐野氏の本拠地であった唐沢山城跡がある。唐澤山城主である佐野昌綱佐野宗綱親子は上杉謙信や北条氏政といった大大名と互角に戦った猛将と知られ、唐澤山城のある唐沢山は関東周辺の「唐沢」・「唐澤」姓のルーツとなった場所とされる。佐野姓である佐野哲史は教徒から尊師のそっくりさんとして知られている。
  • 田園調布サティアンから多摩川向いの川崎は鬼門であるとされ、事実として川崎では尊師が虐めにあっていたのではないかと推測される法政二中、厚史の暴行された多摩川河川敷、川崎市在住であった0chiaki川崎美奈、 河野典男氏の東名川崎インターチェンジ交通事故など一族にとっての多数の忌み事が起こっている。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

エビケー

スバケー

脚註[編集 | ソースを編集]

註釈[編集 | ソースを編集]

  1. 奇しくも長谷川亮太の祖先も下野国が出自である
  2. 現在の栃木県佐野市富士町近辺
  3. Muyopedia「築地」の項目より、『「築地」は元来埋立地の意味で、東京築地も埋立地である。江戸時代、1657年(明暦3年)の明暦の大火の際に焼失した浅草御門南の西本願寺(現在の築地本願寺)の代替地として佃島の住人によってこの土地が造成された。その後、浄土真宗の寺院や墓地が次々と建立され、周辺は寺町のようになった。ほかの地域は武家屋敷が数多く立ち並んでいた。
  4. 奇しくも長谷川亮太の父・長谷川満孝や尊師の父方祖父・唐澤吉信も明治大学出身である
  5. 参議院議員であった武藤常介の孫

出典[編集 | ソースを編集]

  1. 第一東京弁護士会会報『ICHIBEN Bulletin』平成27年3月号、12頁
  2. 築地食料販売
  3. 3.0 3.1 3.2 企業ログx「築地食糧販売株式会社の評判・社風・口コミ・法人番号」(魚拓)
  4. 築地食糧販売株式会社
  5. 東京都中央区築地6-6-5付近2020年1月のストリートビューよりスクリーンショット(魚拓)、店舗看板には創業安政三年(1856年)とある。
  6. 6.00 6.01 6.02 6.03 6.04 6.05 6.06 6.07 6.08 6.09 6.10 6.11 6.12 6.13 6.14 txti(魚拓)
  7. 【名字】唐澤
  8. 人名力:日本姓氏語源辞典 カラサキ~カリミネ
  9. 5ちゃんねるニュース速報+板『【偽装】東京都 コメ偽装の6業者 公表』
  10. 悪のニュース記事『米の銘柄表示偽って売る、米穀業者6社に改善指示−−都 /東京(毎日新聞)2003年03月13日(木) 19時23分』(魚拓)
  11. 日本商工営業録. 明治31年9月刊
  12. 人事興信録24版 203頁
  13. エビケー「唐澤家&河野家先祖調査路線★2」>>129
  14. 日本紳士録45版 170頁
  15. 住所でポン! 2000年版「03-3542-1759」の検索結果(魚拓)
  16. 『爽河 河野一英先生還暦記念特別号』
  17. 安芸竹原長生寺(魚拓)
  18. 18.0 18.1 18.2 人事興信録第12版
  19. 佐古豊次郎編『広島県下役員録』
  20. 『帝国銀行会社要録 附・職員録. 大正元年(初版)』
  21. 『帝国銀行会社要録 : 附・職員録. 大正2年(2版)』
  22. 22.0 22.1 歴代会長のご紹介
  23. 人事興信録43版
  24. [1]
  25. 25.0 25.1 25.2 人事興信録37版
  26. 「唐澤家&河野家先祖調査路線★2」>>102 「世紀東急工業ってどうなっているの」>>14,468-469,478
  27. 人事興信録44版
  28. 有聲録
  29. 京都小学五十年誌
  30. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/826631/46
  31. 光ファイバーケーブルカルテル事件責任追及等の訴え提起請求書
  32. 「平成最大の公共事業」光ファイバー網を食い物に…“3強連合”主導で600億円を山分け
  33. 会社概要
  34. サヤ取りと日歩稼ぎで大成の村井啓助氏
  35. 35.00 35.01 35.02 35.03 35.04 35.05 35.06 35.07 35.08 35.09 35.10 35.11 35.12 35.13 35.14 35.15 35.16 35.17 村井啓助ーライブスター証券の創業者一族ー
  36. http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/061/1350/06107171350027a.html
  37. http://v3.eir-parts.net/EIR/View.aspx?cat=yuho_pdf&sid=1481000
  38. http://ke.kabupro.jp/tsp/20110520/140120110520032300.pdf
  39. 佐藤朝泰『豪閥―地方豪族のネットワーク』
  40. 40.0 40.1 朝日新聞 1985年5月22日 朝刊 23頁 東京
  41. 41.0 41.1 人事興信録(時期不詳)
  42. https://i.imgur.com/4ew3yAe.jpg http://www.kandagakkai.org/noren/page.php?no=36
  43. 【司法終了】尊師の親戚、検事総長だった(魚拓)
  44. https://books.google.co.jp/books?id=dr9lrvn_iP8C&pg=RA2-PA53
唐澤貴洋
一覧 渾名 - 依頼人 - 開示請求 - 裁判 - ドメイン - Twitterフォロー - 発言 - メディア - 新聞記事
法律事務所関連 坂本総合法律事務所(小西一郎 - 坂本雄三 - 立石邦男) - 恒心綜合法律事務所(阿部通子 - 渡邊恵美) - 法律事務所クロス(山岡裕明 - 山本祥平) - 法律事務所Steadiness(原田學植)
親族 唐澤吉信(祖父) - 唐澤洋(父) - 唐澤厚子(母) - 唐澤厚史(弟) - 河野唯一(曽祖伯父) - 河野光次(曽祖伯父) - 河野多満(曽祖伯母) - 河野一三(曽祖父) - 河野一英(祖父) - 河野典男(大叔父) - 河野喜代(祖母) - 河野一郎(伯父) - 河野厚子(母) - 村井啓助 - 山田カズコ
依頼人 銀座ジュエリーマキ - 東京藝術大学 - 国立音楽院 - 長谷川亮太 - ジオネクスト - WILLER - アーティスクリニック - うしじまいい肉 - 西村博嗣 - 高橋嘉之 - 藤崎空 - ヤマレコのマツ - 重光由美 - DIOジャパン - ステロイド患者 - サイモントン療法協会 - 伝創社 - フジテックス - ロイヤルネットワーク - Amazon規約違反者 - 20代女性 - 米川伸生 - 川上量生 - 立花孝志 - 籠池泰典
関連する弁護士 岡正晶 - 清水陽平 - 神田知宏 - 中澤佑一 - 川﨑美奈 - 宇都宮健児 - 奥村徹 - 小倉秀夫 - 壇俊光 - 樋口收 - 九州の同期
その他関連人物 JEX - 嵯峨山茂樹 - 矢尾渉 - 殺害予告民(dion君 - 群馬君 - 大分君 - 福嶋誠也) - 西村博之 - 0Chiaki - 安藤良太(ださいたま) - SSニキ - 爆弾三勇士 - 坂根輝美 - 三宅令 - スマイリーキクチ - 4Kガイジ - 菅野完 - 岡口基一 - 白水力
発言 弁護士ドットコム(40298 - インタビュー) - Twitter(@KoushinLawfirm - 宣伝ツイート - 空は何色か) - スパムブログ - Facebook - 情報ネットワーク法学会 - 炎上弁護士(本文) - そのツイート炎上します! - テラスハウス問題
玉音放送 1:グッドモーニング - 2:スーパーニュース - 3:TBSニュースバード・NEWS ZERO - 4:お気持ち表明 - 5:所さん!大変ですよ - 6:news every. - 7:クローズアップ現代+ - 8:深夜のツイキャス - 9:news every.2回目 - 10:AbemaPrime - 11:バラいろダンディ - 12:新・情報7DAYS ニュースキャスター - 13:逆転人生 - 14:大竹まこと ゴールデンラジオ! - 15:世界一受けたい授業 - 17:サタデーステーション - 18:Abema的ニュースショー - 19:N高オリエンテーション - 20:グッドモーニング2回目 - 21:早稲田祭2020 - 弁護士唐澤貴洋のCALL IN SHOW - おっさんずラボ。
関連する場所 五反田(アイオス五反田駅前 - 大崎警察署 - 酒蔵ごたん田) - 虎ノ門(ピュア虎ノ門 - オランダヒルズ森タワー - 愛宕警察署) - 六本木(高會堂ビル - 麻布警察署 - Singles Bar GREEN) - 三田(三田綱町デュープレックスR's - 三田警察署) - 恒居(田園調布サティアン) - 東光院 - トーキョースイーツマフィア - ウインズ錦糸町
容姿 イラスト - 中学尊師 - ご尊顔開示 - 疑惑尊師(ご尊容開示 - 眼鏡尊師)
行動 騒動前 - 八神太一騒動・尊師降臨 - 遊戯王カードジェネレーター騒動 - 7年前開示 - 無差別開示 - 雪見だいふく受取拒否 - 聖遷 - 偽ラブレター事件 - 300万騒動 - 2ちゃんねる個人情報流出事件 - Faithbook連続恒心 - 重光ネキ誤認開示 - Plays Now騒動 - 空は何色か - Jpnumber - 第一次・第二次法廷オフ - 山梨学院大講義 - カラケー攻撃 - 小林麻央親戚成りすまし事件 - 第三次法廷オフ - 私の週間食卓日記 - (ワ)第1285号法廷オフ - スタートライン
用語 当職(マシンガン当職) - 弊職 - パカ弁 - 開示 - 国営セコム - 上級国民 - たかひろくん係 - ネットに強い弁護士 - DEGITAL-TATOO - 素心若雪 - 逆さマウス - 腐ったピラフ - コーヒー - 全身唐澤貴洋 - 唐澤貴洋殺す(神聖六文字) - 誹謗中傷 - 誹謗中傷対策マーク - 唐澤貴洋被害者説 - タレント化路線
二次設定・創作 恒心教 - オウム真理教(尊師 - 麻原彰晃) - 脱糞(絶叫脱糞 - 高速バス脱糞) - 核兵器 - イスラム教 - アイス - ナリ - 唐澤千紘 - 弟殺し - 唐澤洋一 - 黒人説 - セーフ理論 - サジェスト汚染 - けんま - カッラレ - 父洋スレ - AA - 有能版唐澤貴洋 - パカソン - 尊師ール - カラコイン - カラッキング - カランサムウェア - 尊師MMD - 炎上弁護人