当サイト、唐澤貴洋Wikiは10月30日に発生したサーバートラブルによる長期のメンテナンスおよびサーバーの移転から11月13日に復帰しました。原因に付きましてはこちらをご覧ください。ご愛読者・編集者・恒心教徒の皆様にはご心配とご迷惑をおかけしましたことをお詫びしますとともに、益々のご愛顧を宜しくお願いいたします。

大松

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
大松
尊顔未開示
基本資料
本名 不明
別名・渾名 大松
才能 有能
騒動との関連 唐澤のFaithbookでの発言を指摘
所属 Faithbook
趣味 あらゆるものを指摘する事
嫌いなもの パカ弁親の庇護のもと甘やかされている者
関係者

大松(おおまつ)とは、唐澤貴洋Faithbookでの発言を指摘した人物である。

概要[編集 | ソースを編集]

300万騒動真っ只中の2013年8月20日に唐澤貴洋がFaithbookに投稿した一つの書き込みに登場した。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=499929093430706&id=148292528594366[リンク切れ]
少年の場合は親の庇護のもと甘やかされている者も複数名おりました。

コメント:大松「親の庇護のもと甘やかされているのはお前だろ」

少年が親に養われている事を批判的に述べた唐澤貴洋に対し、唐澤自身も事務所を間借りして甘やかされている事実を捉えた大松が唐澤に放った会心の一打である。

その発言から、「有能弁護士並みの指摘力」「ネット界にて近年稀に見る和製大砲」などと賞賛された。

また、この唐澤の発言は「特大ブーメラン発言」として親しまれている。

大松「」は、プロ野球選手 大松尚逸を元ネタとするなんJ用語[1]であり、大松が空気の読めない発言をする、暗黙の了解をわざわざ指摘するといったネタである。 現在では、大松「」の用法は正論をぶつけたり、単に間違いやブーメランを指摘する際に用いられることも多く、本来の用法と異なるとされることもある。恒心教でも広く使われるネタである。

余談だが、このコメント主には大松ではなく大 松と文字の間にスペースがある[2]

出典・註釈[編集 | ソースを編集]

  1. 大松「」(魚拓)
  2. 姓を大、名を松として登録したためである。

関連項目[編集 | ソースを編集]