提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

(し)はオウム真理教で用いられていた階級(ステージ)の1つ。後継団体とされる恒心教でも使用される。

オウム真理教での使用[編集 | ソースを編集]

オウム真理教では大まかに尊師正大師、正悟師に次ぐ階級のグループとされ、細かく分けると上位の階級から師長、師長補、師、師補の順となる。麻原旧尊師の意向で階級制度は何度もコロコロ変わったが、師になるとだいたいホーリーネームが付与される。

この下はサマナという一般の出家信者の階級であるため、師は幹部階級としては最下位と言ってもよい。最下位の階級であるためか、実際のところ幹部とはいえ尊師からは遠い存在であった。

オウム真理教の死刑囚の多くは地下鉄サリン事件前の尊師通達で正悟師に昇格された者達であり、麻原彰晃を除く死刑囚12人のうち、師レベルの階級での死刑囚はガフヴァ・ラティーリヤ師長(端本悟)1人だけだった[1]

その後のアレフにおいては、唯一の正大師であったマイトレーヤ正大師(上祐史浩)がひかりの輪として分裂し、その後も正悟師は一人を除いて教団を去ってしまったため、現在はこの階級の人々が教団の実権を握っているとされている。

恒心教での使用[編集 | ソースを編集]

恒心教徒は匿名で活動することが多いが、唐澤貴洋Wikiを含め、何らかの名前(コテハン)を必要とする場合がある。言うまでもなく尊師は唐澤貴洋が用いる階級であり、正大師並びに正悟師も恒心教で用いられるが、彼らは顕著な功績を残し、有能とされる恒心教徒に用いられる用語であるため、それ以外の教徒の場合に「師」が用いられる。

当Wikiやカラケーでは、ハンドルネームを持つ人物に対して、主に敬称として「〇〇師」のように用いられる。本人が名義を使わない名無し教徒であっても、何かの功績を残した場合、便宜上の名前をつけられるケースもあり、また活動実態があまりない、いわゆる「弱芋」であっても例外なく用いられている。

なお相手を直接呼びかける場合には「貴職」、一人称としては「当職」が用いられるため、師は三人称用語となっている。

非ワにおける「〇〇さん」、なんJにおける「〇〇ニキ」に相当する用語であると言ってよいだろう。

ただし曲がりなりにも尊称であるため、無能な臭芋に師が用いられることはなく、呼び捨てで呼ばれるのが大半である。ただし臭芋であっても(犯した罪からは微々たるものであるが)功績を残したりした場合には、その時に限り「〇〇師」が用いられることもある。

例外[編集 | ソースを編集]

恒心教がオウム真理教と結びつき、文化の移入が開始されたのは2012年ごろであるが、福嶋誠也[2]Altailらに対する正大師号授与はオウム真理教との結びつきがより顕著になり、従前のなんJとの乖離が進むようになった2015年ごろの出来事である[3]

同様に「師」称号の定着時期も2015年以降と考えられ、2012年ごろになんJを中心に活動していた殺害予告民ならびに悪芋に対してはdion君島根君沖縄君大分君といったように「○○君」の形で君付けがなされていた。

これらの者については現在でも「師」称号が用いられることはなく、例外的に君付けによる呼称がなされている。

その他での使用[編集 | ソースを編集]

イスラム教におけるウラマーや過激派幹部などへの敬称として日本語では「師」の字が当てられており、「ビンラディン師」「バグダディ師」など不穏なイメージもある。

註釈[編集 | ソースを編集]

  1. このほか正大師は絶対的な人数が少なかったこともあっってミラレパ正大師(新実智光)のみ。そのほか死刑囚になっていた可能性が高い人物として、逮捕前に殺害されたマンジュシュリー・ミトラ(村井秀夫)正大師もいる。
  2. 殉教したのは2014年のことで、当時は無能視されていたが、評価が一転したのは2015年のことである。
  3. 同時期に「グナマーナ正大師」を名無しとする麻原彰晃掲示板が設立され、メインカラケーとして用いられた。