正大師

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

正大師(せいたいし)とは、オウム真理教における階級の1つである。

概要[編集 | ソースを編集]

オウム真理教において尊師に次ぐ階級。大乗のヨーガを成就した者に与えられる。その下の正悟師に比べ正大師は非常に少ない。オウム真理教と恒心教のつながりを重視する教徒の一部には、彼らもまた(冗談半分で)聖人視するものもいる。

オウム真理教の正大師[編集 | ソースを編集]

ヤソーダラー正大師(松本知子)
麻原の正妻で郵政省大臣。旧ホーリーネームは「マハーマーヤ」。千葉出身。
アーチャリー正大師(松本麗華)
麻原の三女で法皇官房長官。余談だが今は亡き唐澤千紘は彼女に因んで「アーチャリー」のあだ名があった。正式なホーリーネームは「アジタナーター・ウマー・パールヴァティー・アーチャリー」。
マハーケイマ正大師(石井久子)
最古参幹部で、麻原の愛人。オウムの女帝と言われたが現在は後継団体等に所属せず棄教したものと思われる。オウム大蔵省大臣。
マイトレーヤ正大師(上祐史浩)
言わずと知れたああいえば上祐。現「ひかりの輪」代表。外務省大臣。
マンジュシュリー・ミトラ正大師(村井秀夫)
ヘッドギア(PSI)の開発により正大師に。坂本弁護士一家殺害事件、松本・地下鉄サリン事件の他、教団が犯した犯罪行為の殆どで旧尊師の右腕として中心的役割を果たした。南青山総本部前で徐裕行にナイフでめった刺しにされ死亡。科学技術省大臣。なお、当Wikiでの「ポア」及び「削除依頼テンプレート」の写真もマンジュシュリー・ミトラ正大師のものである。また、後に彼と多くの共通点を持つ恒心教徒殉教している。
ミラレパ正大師(新實智光)
坂本弁護士一家殺害事件、八王子・松本・地下鉄サリン事件、VX襲撃事件、炭疽菌散布など多くの事件に関与したオウムの悪芋。裁判においては、殺害に関与した人数は26人と認定され、マンジュシュリー・ミトラ正大師と並び、麻原旧尊師の27人に次ぐ人数を記録した。他の大半の元幹部が麻原尊師に反旗を翻す中で最期まで尊師への信仰を貫いたとされる。2018年7月6日、麻原旧尊師ともども死刑が執行され文字通り殉教した。自治省大臣。

恒心教における正大師[編集 | ソースを編集]

麻原彰晃掲示板のデフォルト名無しが「グナマーナ正大師」であった事やアサケー移住・地下鉄サリン事件20週年に伴うオウムネタリバイバルなどの影響で、大きな働きをした人物や布教の路線を開拓した人物、特に恒心教の発展に殉じて逮捕された(殉教した)悪芋教徒に対し「正大師」の呼称が敬称として使われるようになった。恒心教では尊師である唐澤貴洋や教徒が正大師を認定するような事は無く、呼ぶ呼ばないはあくまで個人の自由である。

正大師と呼ばれる主な人物[編集 | ソースを編集]

福嶋誠也
Anarchy板にて唐澤貴洋に対し「ナイフでメッタ刺しにして殺す」と予告し脅迫容疑で逮捕され、史上初の玉音放送に繋がる。
Altail
唐澤貴洋のMMDモデルを作成しMMD路線を開拓、更に第14回MMD杯において綜合優勝を果たす。
0Chiaki
唐澤貴洋のイラストと尊師語録を用いたランサムウェア「カランサムウェア」の流通や、連携アプリを利用したTwitter乗っ取りによる数千件のカラコロ等を引き起こす。更に後者の乗っ取りの件が2度目の玉音放送に繋がる。しかし脱恒後の問題行動によって教徒からの評判を地に落とした。
安藤良太(ださいたま)
殺害予告による法廷への唐澤貴洋の召喚大規模な爆破予告による尊師語録の報道を筆頭に、様々な功績を残して殉教。
Pacal2
2代目唐澤貴洋Wiki(2015年6月14日〜2016年2月10日)及び唐澤貴洋掲示板 in インドの管理人。インド師、モルドバ師とも呼ばれるが、インド正大師、バラモン正大師とも。初代の唐澤貴洋Wikiが閉鎖の危機に瀕し、重要な情報が散逸してしまう恒心教の危機を救った。現在は引退。

dion君など、福嶋以前の人物が正大師と呼ばれることは少ない。爆弾三勇士マツドマッドマットマンなど、正大師と呼ぶ程ではないものの大きな功績を残した有能恒心教徒は、ときどき正大師の下の位である正悟師と呼ばれる事がある。

こちらは一種の蔑称に近いが、落書きの上に貼られた尊師ールにブチ切れた愛媛県今治市の暴走族メンバーに対し、四国八十八箇所の弘法大師にあやかって一部で「恒心教 大師」と呼ぶ動きが存在し恒心教大師[1]名義での爆破予告がなされた。また中島大士の上司である今治造船代表取締役の檜垣幸人氏はミヤケー教徒に恒心教大法師にされ名前を冒用した爆破予告に巻き込まれることとなった。

また一方では馴れ合い用語として批判する声もあるほか、当初はただのお遊びだったのがやがて権威を持ち、「彼は正大師にふさわしい/ふさわしくない」といった無益な論争を生んでしまうことがある。この例として福山紘基の例が挙げられ、一種の妥協・折衷策として、功績を加味しつつも正大師には及ばないとして正悟師を推す声が多くなった。

出典・註釈[編集 | ソースを編集]

  1. ちなみに、衆議院選挙落選直後までは大師がオウム内で尊師に次ぐステージだった。