謁見

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

謁見(えっけん)とは、偉い人に面会すること。恒心教では尊師唐澤貴洋と面会することを指す。

謁見した恒心教徒一覧[編集 | ソースを編集]

名前 初接触日時 備考
20歳ぐらいの大学生 2013年8月? 殺害予告芋。最初に会った教徒らしい。「無念さがその涙をには見えました」で言及されている人物か?
福嶋誠也 2014年? 殺害予告芋。福嶋の側から面会。
関東地方の10代後半の浪人中の少年 2015年2月以降 殺害予告芋。「少年と罪」にも登場。
4Kガイジ 2016年12月7日 オランダヒルズ森タワー侵入時に遭遇。尊師から怒られる
第三次法廷オフ参加者の一部 2018月12月17日 エレベーター内で濃厚接触。この辺りから教徒に対する態度が変化する。
元教徒A 2019年? 殺害予告芋。やっぱり人間っていうのは弱いな 他にも4人ほど教徒と会っているという。
カリフ 2020年7月30日 2020年の法廷オフで複数回に渡り握手を伴う濃厚接触。
30歳過ぎの無職の男性 不明 殺害予告芋。
医学部志望の浪人生 不明 殺害予告芋。「匿名の刃」にも登場。2浪中で、父親が精神科医。「関東地方の10代後半の浪人中の少年」と同一人物かは不明[1]
黒マスクにクロックスの男性 2020年12月27日 競馬オフにて謁見した教徒。尊師と談笑し行動を共にするなどしていたことが他教徒の証言で明らかになったがその後本人が何も動きを見せていないため詳細不明。

真偽不明[編集 | ソースを編集]

名前 初接触日時 備考
要塞ニキ 2013年 2ちゃんねる個人情報流出事件集団訴訟に関して謁見したという。内容に迫真性があり事実の可能性が高いと思われるが詳細不明。
謁見ニキ 2015年 尊師が出版すると予言した本が出ていない。

注釈[編集 | ソースを編集]

  1. 語られている動機がよく似ている

外部リンク[編集 | ソースを編集]

関連項目[編集 | ソースを編集]