閉鎖主義

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

閉鎖主義(へいさしゅぎ)とは、恒心教はあくまで匿名で隠れて楽しむためのコンテンツであり、表立って活動したり、やたらと外部に布教するのは控えるべきとした思想のことである。いわば密教派の恒心教徒。2013年から2014年頃までこの主義が恒心教内で台頭していた。恒心教の歴史#閉鎖主義も参照すること。

2014年以前[編集 | ソースを編集]

口伝時代は情報が体系化されていなかったため新規に入ることは難しく、必然的に秘密結社的、閉鎖的になっていたが、それでも芸術路線や布教は重視されていた。

ただし現在教徒内で主流の布教路線と臭芋の基準が大きく異なり、芸術路線除く名前付き教徒やTwitter教徒は殆ど臭芋認定されていた。また、なんJ以外からの文化の持ち込みもあまり歓迎されず、淫夢など例のアレネタぐらいが許容される限度であった。

その後、急進的な閉鎖主義が2013年下半期2014年上半期に台頭した。

原因はいくつかあり、

などが挙げられる。

カラケー民はこれに対し当初は恒心教に関する暗号を解かないと閲覧できない「パスケー」路線で対応しようとした。しかしこれはパスワードがやたら難解で、管理人の自己満足の色が強く廃れた[3]。結局、カラケーのURLを貼らない、広めない、カラケーを検索エンジンに出ないように設定するという方針がとられることとなる。

カラザイル閉鎖によりメインカラケーとなった唐澤ちゃんねるは特に過激で、掲示板のトップページを別のサイトに偽装した上でブラクラを仕掛け、一般ブラウザ民を排除して2chブラウザ専用とするという手法をとっていた。また掲示板定期閉鎖を繰り返し追跡を困難にすることも計画されていた。ただし、芸術路線や布教を完全停止したわけではない。

だが唐澤ちゃんねる系掲示板はしたらば運営によりポアされ、次のメインであるウバケーでは乗っ取り騒動で最初から有名になってしまったこと、管理人が閉鎖主義をとらなかったこと、唐澤貴洋Wiki設立で「顕教」の時代が始まったことで閉鎖主義は衰退した。

2015年末以降[編集 | ソースを編集]

その後はかつての閉鎖主義が嘘のように様々な布教路線が構築され、2015年前半のアサケー期には恒心教はかなり開放的になった。

しかし臭芋も同時に流入したことより、恒心教全体は大荒れとなってしまい、ウツケー等で名前付き教徒の少なかった2012~2014年の恒心教を懐かしむ声無き声が出てくるようになった。

2015年後半になると臭芋問題はさらに悪化し、アサケーの閉鎖と恒心教ブームの終焉という結末に至る。この反省から、2014年ほどの厳格さは求めないものの、恒心教はアングラであるのだからある程度教徒や路線を選別すべき、というアングラ原理主義のような風潮が強くなりだした。この頃からカラケーがしたらばから防弾サーバーに移転し、実際にアングラ色が強くなりだしていたということも関係している。

対象的に、2015年路線の代表格である芸術路線はとばっちりを受けることになる。芸術路線はライトな布教路線が多いことから議題にされ、芸術路線に臭芋が紛れ込み事務所騒動などの騒動が勃発したことを口実として[4]、反芸術路線派は印刷技術嫉妬民と揶揄されながらも力を増し、多くの芸術教徒(or臭芋)を脱恒やアカウントポア、転生に追いやった。

これにより芸術路線は統制色を増し、個人攻撃色や事実追求色が強いMMD作品やパカソンといった「恒心主義リアリズム」とも言える作品がもっぱら作られるようになった。

原理主義者の間でも外伝主人公ネタに関しては、誹謗中傷だから容認派と外部ネタの流入であるから規制すべき派の論争があり、外伝ネタがブームになると定期的にレスバトルが起きている。

一方で尊師が積極的にメディア出演を行うようになり、隠れて楽しもうとする事が不可能になってきたため、メインカラケーを隠すべきといったような主張はされなくなった。

こうして2016年以降は、2014年ほど厳格ではないが2015年ほど開放的でも無い、といったところで推移していった。

2020年[編集 | ソースを編集]

2020年、原理主義の動きは一気に加速する。正月からゲーム実況動画を投稿するなど唐澤貴洋のYoutuber活動はいよいよ本格化し、これに対抗して唐澤貴洋が無能悪徳弁護士であることを一般に周知させるべき、芸術路線系の布教方法は尊師のネタキャラ化を推進し事実追求路線に差し支えるから中止すべきといったような主張が強くなりだしたのである。

サウプロ騒動では、「ゆゆうたが芸術路線により尊師のタレント化を助長した」ことが罪状のひとつにされたうえ、かつて恒心教徒に称えられていた「一般男性脱糞シリーズ」の作者ルナルナを「ゆゆうたを助長した」として糾弾しようとする動きが出るなど、原理主義の激化を物語った。

ただし教徒の価値観はよく変わるので今後どうなるかは不明である。

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. カラザイル住民がポケモン板で炎上していた少年を唐澤貴洋に依頼させようと作戦を考えていたところ、スレを見た包皮民あるいは臭芋が少年に作戦をバラして妨害した
  2. 大江悠太のようにTwitterの殺害予告民を尊師に通報して恒心を起こさせようとする路線。
  3. 後の森園祐一特定騒動などで復活し一時活躍したが、またもパスワード難解化が進み再び廃れた。
  4. 結果的にではあるが鈴木悠太やそれの囲いのものたち、事務所一派であるけんまP等を生み出した

関連項目[編集 | ソースを編集]