DMCA

提供: 唐澤貴洋Wiki
ナビゲーションに移動 検索に移動
注意 この記事の内容は悪いもの達の視点で書かれており不正確です。
ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。

DMCA(でぃーえむしーえー)とは、アメリカ合衆国でのデジタルコンテンツの著作権について規定する法律である。デジタルミレニアム著作権法(Digital Millennium Copyright Act)の頭字語。

デジタルコンテンツを違法コピーされた著作者が、違法コンテンツを早急に非表示にできるノーティス・アンド・テイクダウンを定めており、縮めてDMCAテイクダウンと呼ばれている。

恒心教においては上記の用法以外に、ウェブページに対するGoogle検索結果からの削除申請全般を「DMCA(砲)」と呼ぶ場合もある。

DMCAテイクダウン[編集 | ソースを編集]

違法コンテンツの早急な遮断を目指して作られた制度である。著作権者の権利を重要視した制度であり、また大手プラットフォームへのテイクダウン申請は無審査で通るといわれている。

申請に対し、米企業のGoogleは違法コンテンツを扱うサイトを検索から除外(Google八分ともいう)、Twitterは違法な画像・動画を非表示にする、場合によりアカウントを凍結するなどの対応を行っている。

しかし、以下のような問題点があり、悪用されている。

  • 引用の要件を満たしたコンテンツに対してもテイクダウンできる。
  • テイクダウンの際にはコンテンツの主従関係が検討されないことが多く、違法コピーをした者が著作権者をテイクダウンできる。
  • 偽名やなりすましでも申請できる。例として、艦これ公式Twitter凍結事件のときのDMCAは実在しない企業を騙って送られ、「オレ的ゲーム速報@刃」管理人の特定を目的に送信されたDMCAは某ゲーム会社の社長を騙ったもの[1]であった。

DMCAルールの濫用[編集 | ソースを編集]

DMCAの本来の目的は著作物保護であるが、ウェブページのごく一部にでも著作権侵害が認められれば、そのページ全体が検索結果から除外される。

この仕組みを利用し自身に都合の悪い情報を載せたサイトを取り除き、悪評を消すことに使うものがいることから、ルールの濫用として問題になっている。

日本でも、2017年8月に求人サービスを運営するウォンテッドリーが同社を批判するブログに対し、社長の写真を無断で利用しているとしてDMCA申請を行い、さらにはそのブログを引用したツイートまでも著作権侵害として削除したことで炎上した[2]

また、唐澤貴洋Wikiにおいても顔写真等明らかにコンテンツのメインではないものを対象としたDMCA申請が行われている(後述)。

恒心との関わり[編集 | ソースを編集]

西村博嗣[3]田中一哉[4]大橋清貫[5]山岡裕明[6]瀧口徹[7]が当Wikiの本人のページにDMCAテイクダウンを行っており、Google八分の憂き目にあったため、ページ名の変更が行われた。

特に、田中一哉は当Wiki以外のサイトに対しても精力的にDMCAテイクダウンを行っている[8]

また、藤原太一による申請により一時期本人のページ等が除外されていたが[9]、2018年6月頃[10]に復活した。

山岡裕明は「officexxxxxxxxxx」なるDMCA用のページを新しく作り申請するという荒業を行ったが、教徒に発見された後流石にまずいことに気がついたのかそのページを即日削除した。

大橋清貫の依頼を受けて八雲法律事務所サジェスト汚染目的で作成された当Wikiの本人の記事の文章をコピペしたtxtiのページに対して複数回申請を行ったが失敗した模様[11]

恒心と敵対する人物が当Wikiやカラケーを検索除外にする場合だけでなく、教徒側が嫌がらせに利用する場合もある。

ゆゆうた・サウプロ騒動ではゆゆうたのYouTubeアカウントやTwitterアカウントへのDMCA攻撃が主張され、YouTubeを中心に数回の申請がなされた。この時YouTubeは虚偽通報への対処能力が高かったのかアカウント停止に持ち込むことはできなかったのだが、Twitterの審査は緩く実際にゆゆうたのアカウントを凍結させることに成功した[12][13]。ただし、通報された者は個人情報を開示して虚偽通告であると反論することができ[14]、このためゆゆうたのTwitterアカウントは復帰している。DMCAの悪用は違法であるため通報の際に生IPを開示することを嫌った教徒たちは、もっぱらキッズラジコンを利用した。

対策[編集 | ソースを編集]

悪質なDMCA申請には異議申し立てを行うこともできるが対応されるまで長期間放置されることも多いようである。

対症療法的な処置ではあるが検索除外されたページのURLを変更することで再び検索に載せることが可能になる。

当Wikiにおける対策方法は「テンプレート:DMCA」のページにて公開されている。

この手法でDMCA申請の悪用を無効化してきたが大橋清貫などその度に申請を繰り返す者もおり、何度もページ名の改変が行われいたちごっこの状態となっている。

Lumen Databaseで検索することでDMCAの詳細について調べることも必要である。悪用者がDMCAの申請の際に明らかにした個人情報が記載されていることがあり、これを開示して相手にダメージを与えることができる。大橋清貫はこれで住所が特定された。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]